オフィス用品 ボールペン

日々何も考えずに使っている事の多いボールペンですが、実はこのボールペンにも様々な種類があり、用途によって向き不向きがあります。例えば、ペン先で線の太さが変わってしまうのが違うのは当然として、インクのタイプにも違いがあり、どのインクのタイプを使うかによって書き心地や、インクのノリが変わってきます。また、形状にも違いがありノック式の物からキャップ式のものなど、形も様々です。このようにボールペン1つ取ってもオフィス用品には奥の深い世界があるのです。

ボールペンの種類

ボールペンのインクのタイプは3種類あり、水性インク、油性インク、ゲルインクがそれにあたります。ゲルインクというのはインクが半固形物になっているもので、インクが垂れたりするのを防ぐことができ、インクのノリも良いのでこの形式のインクを使っているボールペンが最近は増えてきています。

ボールペンの書き味を生かしたくっきりとした文字を書きたいという場合には、水性のインクは避けた方が良いでしょう。みずに解けてしまう水性のインクは紙にもしみこみやすくにじんでしまう事が多いためです。その点油性やゲルインクは筆の滑りが良く、紙にもにじまないためしっかりとした筆跡で文字を書くことが出来るのです。また、書きやすさを重視する場合には、水性やゲルではどうしても紙との抵抗が強くなってしまうため必ず油性の物を使うようにするとスムーズに欠けるため、筆が進みます。さらに、屋外などで使う場合には雨の恐れがあるため水性インクでは折角書いた文字か消えてしまうこともありえますので必ず油性のものを使うようにしましょう。

では水性インクのボールペンにはどんなメリットがあるのでしょうか?その答えはメリットらしいメリットはないです。水性のボールペンを買う理由ははっきり言って何もありません。あえて挙げるとするなら値段が安いことぐらいですが、最近では油性ペンでも安い物が出てきていますし、同じ値段なら油性を買う方が良いでしょう。あとは水性なので誤って服や机などにインクを付けてしまった場合は掃除がしやすいという事があります。子供などに持たせる場合には水性インクの方が成分的にも優しいですし、オススメだといえます。ボールペンを選ぶときは機能性を考えるならば油性か、ゲル。安全性を取るなら水性ペンということになるでしょう。

ボールペンの芯

また、一般的な油性インクのボールペンはインクがなくなってしまっても芯を交換する事によって使い続ける事が出来ます。そのため、長く使い続けることができる優秀な筆記用具なのです。しかし、シャープペンシルの芯などは良く交換するため、売っているのをよく見かけますし、自分で交換したという経験を持っている方も多いと思いますが、ボールペンの芯を交換したという人はあまりいないのではないでしょうか?実際にボールペンの芯はコンビニなどでも見かけたことがありません。

その理由はシャープペンシルと違ってボールペンの芯は規格の統一がされていないからです。芯の形状がメーカー毎に違うためそのボールペンにあった芯を購入しなければならないため、あまり芯を見かけないのです。安いボールペンの値段は100円程度のためボールペンが使えなくなったら実際のところ買い換えて使うという人が多いのです。しかし中には高級なボールペンも存在していますし、自分のお気に入りのボールペンなどはずっと使い続けたいと思うのが人間です。そのような場合には大抵の場合変え芯が売っていますので文房具や等に問い合わせてみるのが良いでしょう。

注目サイト

振袖レンタルを東京で考える